季節に対する意識

青空を受ける巨大ソーラー

日本では四季が明確でコンクリート工事の出来栄えも変わってきます。夏は暑く冬は寒いためそれぞれに応じた対応をすることが一番です。夏の場合だと水分が蒸発しやすく乾燥しやすい環境にあるため、十分な散水をする必要があります。冬は寒すぎるため凍結防止のため養生などで保温することがお勧めです。コンクリート工事の際に気になるのが気泡やクラックという問題です。これらが発見された時には早急に補修を行わないと住宅を建てる際の耐久性に問題が出てきます。十分な散水をすることでコンクリートと型枠を剥がしやすくなるため、きちんと周囲の清掃を行うことも重要です。そうすることによって次の仕事に移りやすくなるため現場においては重要な作業です。

コンクリート工事においては空気量を調べたり、破壊試験を行ったりして強度を確かめることが重要です。建設現場などで鉄筋コンクリートを打設する際に動かないようにするのがコンクリート工事です。鉄筋からコンクリートの表面までの距離の事をかぶりといい、かぶりの厚さが薄いと鉄筋を酸化させて強度が落ちるためコンクリート工事の際には十分なかぶりを保つことが必要です。モルタル製やセラミック製、プラスチック製などコンクリート以外にもスペーサーの役割をする物質もあります。コンクリートやモルタルなどは耐久性が強いことが特徴ですので建築工事や土木工事でも活躍します。重量も重いためプラスチック製よりも使いやすいという特徴があります。