建造物の分解費用

まばゆい太陽の光

家屋を解体工事の場合には必ず専門の資格や許可を持った業者に依頼する必要があります。こうした解体工事業者に依頼した場合は当然費用が掛かります。費用の大まかな内訳として解体で出た廃材の処理費用、現場作業員の人件費、重機維持運搬費、解体のための仮設設置費用などがあります。 この中で仮設設置とは解体をする建物の周りに足場を組み作業員が作業しやすい状況を作ります。この足場の周りには防音シートと呼ばれる多くはシルバー色のシートを張り近隣への騒音を可能な限り減らすものです。場合によってはこういったシートに安価なものを使用し費用を削減している業者、コスト削減のためこういったシートを使用していない業者もいるのです。たかがシート一枚ですが、しっかりと防音効果のあるものとただのメッシュシート、シートなしでは周囲で感じる音の大きさに大きな違いがあるのです。近隣への配慮という意味でもここはしっかりと費用をかけるべきなのです。

解体工事にかかる費用を少しでも節約するためには自分たちで処分できるものは処分するということです。多くの家屋解体の場合家の中に不要な電化製品や家具などがたくさん置かれてこういったものも併せて処分してもらうというケースが多いのです。 しかし建物を取り壊してしまってから家の中に合ったものを合わせて処分するとなると産業廃棄物扱いになり引き取ってもらうためには費用が必要になってくるのです。事前に自分たちでこういった電化製品や家具をリサイクルショップなどに持ち込み処分することで解体工事業者が処分する産業廃棄物の量が減ります。多少では金額が変わらない場合も多いですが、ほとんど家財道具などがない住宅とたくさん残っている住宅では請求される費用にも数十万円の差が出ることもあるのです。 家屋の中を解体するためにまず家の中をある程度空にするという作業を解体工事業者が行わなければならないからです。これには当然人件費がかかりこういった費用も上澄みされてしまうのです。